So-net無料ブログ作成

Wii スーパー戦隊バトルレンジャークロス プレイ動画

こんにちわ!ご訪問ありがとうございます(・o・)ゞ

ゆっくりご覧になっていってくださいね。壁||ω・)ジィ・・・・

スーパー戦隊っていつから歴史的に連続性のあるものとして設定され始めたのですか?

スーパー戦隊っていつから歴史的に連続性のあるものとして設定され始めたのですか?

- 回答 -
基本的にはスーパー戦隊には連続性はありません。
例外としてデンジマンとサンバルカンについてはサンバルカンが
デンジマンの後日談となりますが、それ以外の作品は
いわゆるパラレルワールド的な取り扱いになります。

強いて連続性を取り上げた作品を挙げると、
最初のものは「オーレンジャーVSカクレンジャー」になり、
これ以降、(一部の休止を挟んで)戦隊VSシリーズが
続いているので、この作品からということはできるでしょう。

そういう取り扱いにしないと、設定上で細かい矛盾が
出てきてしまうからですね。
(ゴーカイジャーにも死んだはずの人が初回の
大戦の回想シーンにいましたよね)
でも最近は大きなお友達も多いので、できるだけ矛盾が
出ないようにクロスオーバーさせているようです。

上記を踏まえた上で、連続性を謳ったものを挙げると、
まずはゴレンジャーとジャッカー電撃隊。これが、
今日まで続く戦隊VSシリーズの元祖ともいえる作品です。
ちなみにこれを正式設定とすると、この作品では、
世界各地でV3、アマゾン、キカイダーがクライムと戦っている
ことになりますので、仮面ライダー、キカイダーシリーズとも
連続性が生まれることになります。

続いて上述のデンジマンとサンバルカン。
こちらはTV放映の内容が連続しており、完全に連続です。

次がターボレンジャー第1話。
当時はゴレンジャーとジャッカーを含めなかったため、
10周年記念として、この2戦隊を除く10作品のメンバーが
勢ぞろいしています。
(ターボレンジャーが共闘を断った後、どこに消えたかは不明)

続いてカクレンジャーの時に「スーパー戦隊ワールド」という
形でファイブマンからカクレンジャーまでが集まっています。

その後、「オーレンジャーVSカクレンジャー」から
「ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕」に至ります。

中でも画期的だったのが、「ガオレンジャーVSスーパー戦隊」で、
ここでビックワン(ジャッカー)が参戦したことで、
ゴレンジャーからガオレンジャーまでが繋がったことになり、
それ以降の戦隊までの流れが繋がったといえます。

まとめると、
①ゴレンジャー~ジャッカー (ジャッカーVSゴレンジャー)
②デンジマン~サンバルカン
③バトルフィーバー~ターボレンジャー (ターボレンジャー)
④ファイブマン~カクレンジャー (スーパー戦隊ワールド)
⑤オーレンジャー以降 (VSシリーズ各作品)
という流れがあり、
⑤の「オーレンジャーVSカクレンジャー」で、
ファイブマン以降の作品が繋がり、
⑤のうち、「ガオレンジャーVSスーパー戦隊」で、
全ての作品との連続性が描写されて、
以降ゴーカイジャーまで続くということになります。
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)




スーパー戦隊


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。